【ノーワーク・アドセンス】作業なし! 完全自動収入アドセンスマニュアル
2012年11月19日

実際に人気の商品名でGoogle検索すると

実際に人気の商品名でGoogle検索すると
現在、多くの方が感じているように、
PPC広告のペラサイト量産で稼ぐ方法は
確実に終焉を迎えています!

多くのアフィリエイターが同じ商材を購入して同じテンプレートを使って
同じ商材の選び方をして同じ広告文の書き方をしています。

実際に人気の商品名でGoogle検索すると
似たようなペラサイトがズラズラ出てきます。

これで稼げますか?

ユーザーの利便性を最重要視しているGoogleが

いつまでこんな状態を放置していると思いますか?

Googleの基本理念はユーザービリティー向上による
ユーザー&広告主&Google社のWIN & WIN & WIN関係を保つ事

PPCアフィリエイターの方々が同じテンプレートで作った
同じ商材を扱ったコンテンツの無いペラサイトの広告が
ズラズラ並んでいてはWIN &WINの関係どころか誰も得をしません。

いままでGoogle社が行ってきた検索エンジンの
アルゴリズムの変化をご存知の方なら
この先Googleがどういった対応をしてくるか想像が付くかと思います。

今まで劇的に変化したGoogleアルゴリズムの目的の多くが
ユーザービリティー向上の為のスパマー排除対策でした。

検索エンジンに上位表示させる為だけのサイト作りなどを対象に
あらゆる面でユーザーの利便性を常に考慮した対策が行われ
スパムアフィリエイターやスパムSEO業者は何度と無く
検索エンジンからペナルティーを課せられて来たのです。

現在のPPCアフィリエイトの現状の様に同じ広告が
ズラズラ並ぶのはとてもユーザーにとって有意義とは思えません。

ランディングページにアフィリエイトリンクしか無いコンテンツを
ユーザーが見る価値があるサイトだとGoogleは判断するでしょうか?
当然ありえない事です!

今後は、PPCの世界でもSEOと同じ様に、急速に、
広告主側にオリジナリティーと
コンテンツの充実が求められてくるでしょう。

過去数年間に起きた検索エンジン対策の変化と同じ事が
今後アドワーズでも起こるという想像が容易に出来ます。

私の感じている限りでも、アドワーズには大きな変化が現れてます。
一時的な事かもしれませんので私的憶測の公表は控えますが
昨年の秋頃からGoogleスラップに遇う方が
急増しているのはみなさんも周知の事実だと思います。

ユーザーの利便性を最重要視するGoogleは
何かユーザーに不利益な検索結果が表示されるのであれば
即時対応するでしょう!

そのGoogleの対応策の中でも最も大きな変化をもたらすのが
検索ロボットのアルゴリズムの変化です。
Google BotやAdsBotと呼ばれる検索エンジンロボットの
サイト判断基準の強化と改善と言えばわかりやすいでしょうか?

残念ながら現在主流のペラサイト量産によるPPCアフィリエイトは
アドワーズが黙認出来る限度を超えたと考えられます。

つまり、Googleアドワーズのアルゴリズムの変化を
実践者自ら引き起こした形になりました。

言わばペラサイト量産のPPCアフィリエイターは
自分で自分の首を絞めてしまったのです。

携帯アフィリエイトサイトを速攻公開
金・プラチナ買取、楽々!開業マニュアル
蝶乃塾式携帯アフィリエイトパンダ塾
posted by Google Adwords H at 21:44 | 実際に人気の商品名でGoogle検索すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。